認知症の人への適切な介護

介護施設を利用する人の中には、認知症を患っている人もいます。介護の仕事は、認知症の人への介護に関わることも多いようです。そのため、介護の仕事では認知症の人への対応法を知っているかどうかが重要になります。対応法が誤っていれば、相手に余計な不安を与えることになりかねないため、十分な配慮が必要です。
認知症の人に接する際は、できるだけ生活のパターンを変えないという配慮が欠かせません。急激な環境の変化は、認知症を患っている人に大きな負担を強いてしまいます。日常生活のリズムや部屋の環境など、身の回りに変化が生じるようであれば、認知症を患っている人への十分な配慮が必要です。また、認知症の度合いが進行すると、介護職だけでは対応が難しくなります。この場合の対応法としては、医療の専門家に相談し、適切な対処方法について医学的な見地から適切な判断を仰ぐことも重要です。認知症の進行の度合いによっては、より高度な介護サービスを受けることができる施設への移転も可能性の一つとして考えられます。認知症について幅広い知識を持っていれば、臨機応変に対応できるのです。
認知症の人と接していると、介護スタッフの精神的な負担は大きくなります。一人で負担を抱え込むのは問題であり、できるだけ職場で問題を共有して解消する取り組みが欠かせません。同じ介護施設で働いているスタッフであれば、認知症を患っている人への対応に苦労しているので、互いにサポートしあうことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です